アユ釣りで賑わう一級河川「物部川」

その物部川沿いに庄屋クラスの古民家がございます。

漆喰の塀が秀逸です。

DSC_0811

 

 

 

 

 

 

DSC_4807

 

 

 

 

 

 

門の端には、「駒繋ぎ石」がありました。

訪れる客人の馬の手綱をくくりつけるための石です。

DSC_4804

 

 

 

 

 

 

玄関の格子欄間には家紋があります。

DSC_4805

 

 

 

 

 

 

玄関は式台形式。漆塗りの細工が施されています。

DSC_4880

 

 

 

 

 

 

中から外を伺うと、陽光が格子の間を抜けて日本の格式と荘厳さを醸し出しています。

DSC_4879

 

 

 

 

 

 

お部屋の中を拝見させていただきましょう。

明治36年築 これまでに何度か修復が行われており、

現在も所有者様が住まわれていますので、美しい手入れの行き届いたお家です。

 

DSC_4826

 

 

 

 

 

 

 

襖絵も絵師に描かせております。

DSC_4830

 

 

 

 

 

 

床の間の天袋の絵

DSC_4829

 

 

 

 

 

 

神棚とくぎ隠しの鶴

DSC_4843

 

 

 

 

 

 

「狆くぐり」の場所に珍しい木彫り欄間の鷹

DSC_4845

 

 

 

 

 

 

縁側の木枠のガラス戸

DSC_4868

 

 

 

 

 

 

すりガラスの紋様と格子細工がとてもかわいらしい

DSC_4851

 

 

 

 

 

 

昔ながらの間取りをそのまま継承して下さっています。

DSC_4865

 

 

 

 

 

 

ただ一つ、ここでも悲しい耐震補強がされていました。

同行した設計士さんも残念がっておられました。

↓この鉄の板は必要ですか?

DSC_4859

 

 

 

 

 

 

DSC_4858

 

 

 

 

 

 

地震大国日本を生き抜いてきた、日本古来の建築方式からすると、補強になってないと思います。

嘆かわしい限りですが、今後のヘリテージ(歴史文化財活用推進)に対して一層の技術向上を求めたいところです。

 

お約束の「漆喰の蔵」ございます。

DSC_4816

 

 

 

 

 

 

DSC_4817

 

 

 

 

 

 

かつて、香美市で町歩きのイベントがあった時に、こちらのお家もご紹介されたそうで、

その際、「土佐錠前」をご覧にいれたとの事でございます。

大切になさって下さいませ。

DSC_4822

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回のタイトルにある「プライベート船着き場」は、

このお家の敷地内から物部川へ降りることができるのです。

DSC_0836

 

 

 

 

 

 

かれこれ何年も使ったことが無かったそうで、集落用の船着き場から行ってみましょう。

 

DSC_0816

 

 

 

 

 

 

竹林に囲まれ、森林浴とマイナスイオンのシャワーを浴びます。

DSC_0831

 

 

 

 

 

 

まるで、「鬼平犯科帳」の世界へタイムスリップしたようです。

DSC_0826

 

 

 

 

 

 

対岸は、なだらかな砂利です。

手漕ぎでゆったり漕いで参りましょう。

DSC_0828

 

 

 

 

 

 

場所;土佐山田町町田

敷地面積;宅地部分636㎡、畑630㎡、山林460㎡、その他田(畑、田については農地転用許可が必要です)

売主様希望価格は、1,500万円以上

 

市街化調整区域ですので、収益を目的とした賃貸経営はできません。

民泊の許可は下りません。

居住用専用かまたは、所有者様ご自身でのカフェの経営などは可能です。

 

季節にはアユ釣りをし、舟遊びに明け暮れる生活はいかがでしょうか?

DSC_2338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんぐり不動産