高知県東部に位置する奈半利町には、登録有形文化財に指定されている民家がいくつかあります。

今回、「江戸時代の旅籠屋」西尾家住宅 所有者様のご子息様からのご相談です。

いずれ空き家になるので、誰かに貸せるだろうか見に来てほしいとの事です。

 

高知県ヘリテージマネージャー(歴史文化財活用推進員)の後藤氏と

地元奈半利町並み保存にご尽力されている「なはり浦の会」森会長さん、

それから、隣町の田野町で介護施設を経営されている代表取締役西岡様にご同行頂きまして

内覧させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

登録内容は外観のみとなっておりますので、室内についての改装は問題ありません。

まずは、駐車場のある裏口から攻めて参りましょう。

 

DSC_4636

 

 

 

 

 

 

広い裏庭の向こうに赤レンガの門と蔵が見えています。

DSC_4644

 

 

 

 

 

 

美しい赤レンガです。

門をくぐって中へ入ってみましょう。

DSC_4643

 

 

 

 

 

 

年代物の赤レンガの塀と手水が出迎えてくれました。

DSC_4650

 

 

 

 

 

 

飛び石に導かれながら、中庭へと進んでゆきます。

 

DSC_4647

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは蔵。美しい佇まいです。

漆喰壁の装飾が豪華です。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に竈屋。お台所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

軒にかわいい「もちおくり」が付いています。

 

DSC_4653

 

 

 

 

 

 

竈屋には、井戸があり、

 

 

 

 

 

 

 

おくどさんもあります。

DSC_4659

 

 

 

 

 

 

ちょうどいい小上がりのお部屋があり、今でもご近所さんとのおしゃべり場になっているそうです。

 

DSC_4660

 

 

 

 

 

 

竈屋を出た正面には納屋があり、いろんな事に使えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

かつて旅籠屋だっただけあって、男女それぞれに分かれているトイレ棟があります。

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ母屋へと入らせて頂きます。

ここで、今まで歩いてきた敷地の全体像をチラリお見せしましょう。

 

 

DSC_4704

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地面積;787.6㎡(約240坪)

堂々たる広さと配置です。

 

北側の旧道に面した正面玄関入口は、昭和の時代に一部を美容院として貸していたそうで、趣が変わってしまっています。

 

DSC_4721

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4673

 

 

 

 

 

 

低めの式台玄関です。

玄関土間の側面にある丸い空気穴もおもしろい意匠です。

虫食いちゃうねんで(-ω-)/

 

DSC_4671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅籠屋らしいゆったりとした階段の幅にウットリします。

 

DSC_4675

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幅広階段を眺めるだけで萌えっとするのは私だけ?

 

床の間の七福神様こんにちは。

 

DSC_4689

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4692

 

 

 

 

 

 

 

木枠のガラス戸がステキです。

手作りの伝統工芸品です。

 

DSC_4691

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二階には欄干があり、旅籠屋としての意匠の見せ所です。

 

DSC_4694

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4698

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西郷南洲のお軸 先祖代々からずっとあるそうで、真偽のほどは…。

 

DSC_4697

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

襖絵や狆くぐりの彫りも質の高いものとお見受けいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

納戸の扉の細工もおしゃれです。

 

DSC_4706

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて2階から見た中庭にある蔵・竈屋・納屋・トイレ棟です。

蔵の向こうは太平洋が見えており、毎年花火がここから眺められます。

空が抜けるように青い!

静かで良いところです。

 

四国八十八か所お遍路道も近いので、お遍路宿としての活用が望ましいのではないかと

弊社個人的に思います。

 

敷地全体と建物全部お貸しします。

敷地面積;787.6㎡(約240坪)

賃料;家主希望価格は68,000円 事業用に使用可能です。

雨漏り、外壁等の外観については、家主負担で修繕致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症が収束したら、日本中、いや世界中から「お四国参り」の歩き遍路さんがいらっしゃいますので、

是非ともお接待にお使いくださいませ。

 

どんぐり不動産