古民家内覧会を開催いたしました。

DSC_0610

 

 

 

 

 

 

大正14年に、日本の伝統建築様式である母屋が建築され、昭和初期に一間洋館と呼ばれる建築様式である中2階を増築なさいました。

洋館風の建築様式は、当時、町の小さな医院などで流行しました。

玄関は日本建築らしいたたずまいです。

DSC_0612

 

 

 

 

 

 

玄関は、武家屋敷風「式台形式」

格式のある造りです。

DSC_0603

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武家屋敷は、討ち入りの危険があるため、玄関を入ってすぐには居間へは行けないように

「三畳のお出迎えの間」が必ずあるのです。

DSC_0614

 

 

 

 

 

 

お出迎えの間からお台所へ通じるフロアには、調度品である手作りの家具がディスプレーとして置かれてあります。

DSC_0618

 

 

 

 

 

 

側面に、取っての付いた長持ち式箪笥も存在感を表しています。

DSC_0645

 

 

 

 

 

 

リビングをご覧にいれましょう。

 

 

 

 

 

 

ちょうどこの日は、雅楽の龍笛の奏者の方に来ていただき、内覧に来てくださった方に演奏をしていただきました。

DSC_0660

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0666

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の雑踏から離れ、煩悩から解き放ってくれたようで、清々しい音色にうっとりとしました。

奏者の後ろに広がるのは幅広の縁側と築山式のお庭です。

DSC_0641

 

 

 

 

 

 

DSC_0643

 

 

 

 

 

 

では、これから中二階をご案内いたしましょう。

DSC_0639

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの外観に見えていた観音開きの窓のあるお部屋がございます。

DSC_0631

 

 

 

 

 

 

DSC_0629

 

 

 

 

 

 

さらに、2階へあがってみましょう。

DSC_0636

 

 

この家は、かつて代々教育者のお家柄で、教育長も務められていらっしゃいました。

文教会館に碑があらせられます。

当時の書斎のデスクとイスも残しておいてくださっています。

世の中、プラスチック製品ばかりになり、木でできた手作りの家具は、今や高級品です。

昭和の金庫もあります。

DSC_0619

 

 

 

 

 

 

高知大空襲も経験したお家です。

玄関の格子欄間に焼夷弾の焼け跡を今も残しています。

朝日新聞と高知新聞に記事が載っています。

なんとか、歴史を繋いでいきたいものです。

DSC_0675

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0298

 

 

 

 

 

 

何を隠そう、この新本町の北に位置する「高知市昭和町」という地名は、

先代の家主様が名付け親でございました。

 

さて、昔のお家は先人の知恵がふんだんに取り込まれています。

床が高く、風がよく吹き抜けるお家です。

DSC_0648

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ一度、内覧へお越しになって見て体感してみてください。

きっと、そこはかとないリラクゼーションを感じることができることでしょう。

お待ちしております。

 

物件場所;高知市新本町1丁目10-17

高知駅北から徒歩5分

 

どんぐり不動産