「大正14年築 洋館風書斎のある古民家」

~高知市新本町~ 高知駅北

どんぐり不動産で売買を専任でお引き受けしております。

 

DSC_0298

 

 

 

 

 

 

母屋は大正14年に建築され、昭和初期に「一間洋館」と呼ばれる洋館風の中二階が増築されました。

 

DSC_0608

 

 

 

 

 

 

 

建築当時の施主様は、代々高知県教育長を務められ、高知県文教会館の初代理事長でいらっしゃいます。

「昭和町」の名付け親でもあります。

高知大空襲の焼夷弾の焼け跡を今も残し、終戦記念日の特集記事として朝日新聞と高知新聞に取り上げられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史の生き証人である文化財的価値のある古民家です。

 

玄関は、武家屋敷風式台形式

格式のあるお家に見られる様式です。

 

DSC_0603

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関入ってすぐに三畳のお出迎えの間があります。

討ち入りの危険に備えた武家屋敷風建築様式の特徴です。

 

DSC_0614

 

 

 

 

 

 

 

室内をご紹介いたしましょう。

客間には「雪見障子」があり、寒い冬でも障子を開けることなくお庭をめでる事ができます。

 

DSC_1159

 

 

 

 

 

 

障子の向こうには広い縁側があり、築山式庭園が広がっています。

 

DSC_1387

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客間には、板欄間と障子欄間があります。

いずれも伝統工芸品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和中期にリフォームされたリビングもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家内覧会の際には、雅楽の奏者の方に来ていただき、龍笛の演奏会を行開催しました。

 

DSC_0660

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0666

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の喧騒を忘れ、煩悩から解き放たれたようでした。

 

母屋部分は土壁ですので、ひんやりと夏は涼しく過ごせます。

 

 

お台所へ通じるお部屋には、かわいい古民具があります。

 

DSC_0618

 

 

 

 

 

 

タンスの両脇に金具がある長持ち式桐タンスもあります。

昔は嫁入り道具を竿に通して運んでいました。

 

DSC_0645

 

 

 

 

 

 

階段を上って中二階へ行ってみましょう。

 

DSC_0639

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一間洋館は書斎や子供部屋として使われていました。

 

DSC_0631

 

 

 

 

 

 

さらに、二階へ上がります。

 

DSC_0619

 

 

 

 

 

 

先代の教育長様は、校長先生も務められており、重厚な手作りの書斎が残っています。

とても精密な造りで、今の世の中、プラスチック製品にあふれてしまって、

このような自然の木でできた家具は貴重です。

 

 

昭和中期にさらに増築された二階は、昭和の雰囲気に包まれています。

DSC_0621

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0622

 

 

 

 

 

 

間取り図をご覧いただければ全体像がつかめると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、昭和30年当時に撮影された画像をご紹介いたします。

家主様が大切に保存していたものをメールでお送りくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

大正14年当時、初めて造成された土地で、久万川まで見渡せる田園地帯だったそうです。

お家の前は小川が流れていて、高知大空襲の時は、この小川の水を汲んで消火活動をしたそうです。

現在は、小川は埋め立てられ歩道になっています。

 

グーグル画像で見る現在の高知駅周辺と物件周辺です。

 

 

 

 

 

 

 

もう一度、朝日新聞と高知新聞に取り上げられた記事をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

写真で説明しているのは、先代の所有者様です。

戦後70年経っても修繕せずに戦争の傷跡を残した意味は

代々教育長を務めたお立場もあり、

「戦争は二度とおこしてはならない」

という執念のようなものを感じます。

 

現在築95年です。

あと5年で築100年を迎えます。

高知県文化財課の組織する歴史文化財活用支援員(ヘリテージサポーター)の私としては

なんとかこのお家を残さねばと考えます。

今の時代は、なんでも新しいものを求め、

このお家の運命も、このままだと、壊して更地にして三階建ての新築が建つことでしょう。

壊すことは、歴史文化財の損失になります。

どうか、古民家好きな方々や古いものに価値を見出して下さる方々に

是非愛でて頂きたく思います。

前回の南海大地震も経験し、高知大空襲でも生き残った

奇跡のお家です。

「戦争は二度と起こしてはならない」という平和活動の継承としても

ぜひとも残しておきたい古民家です。

 

どんぐり不動産